Windowsパソコン使用期限について

  • パソコンに大型CPUクーラーを取り付けるコツ

    • 大きなサイズのヒートシンクが付属しているCPUクーラーは、発熱量の大きい高性能なCPUを搭載したパソコンを冷却するために非常に役立ちます。
      しかし、大きいCPUクーラーはケースに収めづらく、マザーボードに取り付けるのが難しいことが多いのです。そういった大きめのCPUクーラーを取り付けるには、コツがあります。

      大型のCPUクーラーは、ヒートシンクとファン、そしてマザーボードとCPUクーラーを接続する役割を持つリテンションキットから成り立っています。
      一般的な手順では、マザーボードにCPUクーラーを取り付けてからケースに固定しますが、発想を逆転させて、ケースにマザーボードを固定してからCPUクーラーを取り付ければ良いのです。


      マザーボードはリテンションキットのみを取り付けた状態でケースに固定し、さらにファンの電源ケーブルを接続します。

      そしてケースを横に倒してヒートシンクを取り付けてファンを固定すれば、大型のクーラーでもスムーズに装着できるはずです。
      また、パソコンを使用しているうちに冷却性能が落ちてきて、ファンの掃除をする場合やシリコングリスを塗り直す場合も、マザーボードをケースから取り外す必要はありません。
      取り付けた手順を逆にすれば簡単にCPUクーラーのみを取り外すことが出来るのです。
      現在の高性能なパソコンを冷却するためには大型のCPUクーラーが有効です。必要になったときのために、取り付けるコツを覚えておきましょう。
      近年、液晶ディスプレイから発せられる青色光(ブルーライト)が及ぼす影響が取りざたされています。


      これは、常にパソコンやスマートフォンを見ていることによって過度にブルーライトを浴び、生体リズムが乱れやすくなるというものです。
      特に直接ブルーライトを浴びることになる目の疲れの原因だとして、改善する方法が模索されています。


      ブルーライトから目を守る方法として、パソコンメガネをかける方法が有名です。


      これは、ブルーライトが目に届く前に反射するか、もしくは吸収することによって目への影響を減らすというものです。しかし、わざわざパソコンメガネを購入しなくても、ブルーライトをカットする方法があるのです。
      その方法とは、パソコンの設定で画面表示のカラーバランスを調整し、青色を薄くすることです。ブルーライトの原因は青色の発光です。つまり、青色が少ない状態にすればブルーライトも減るのです。


      ただ、青色だけを減らす設定すると画面表示全体のコントラストが崩れてしまうので、赤色や緑色の表示も調整し、違和感のない設定にしましょう。

      また、色温度を下げることも有効です。


      色温度とは、「光の色」を表すために使われる数値です。
      色温度が高いほど青い光になるので、色温度が低くすることでブルーライトを減らすことが可能になるのです。

      液晶ディスプレイから発せられるブルーライトは、お金を掛けずとも改善することが出来るのです。


      パソコンメガネを買う前に試してみるのが良い考えです。

      DMMモバイルの評判の情報を集めました。







      格安simのおすすめに有効なサイトです。

      http://www.kyodonews.jp/sports/olympics/beijing/kyodonews/topics2/063265.html

      https://allabout.co.jp/gm/gc/458694/

      http://okwave.jp/qa/q7869868.html

  • 関連リンク

    • パソコンは性能の進歩が非常に早く、1年も経てば旧型になってしまいます。しかし、搭載するパーツを自由に選べる自作パソコンなら、組み立てたときから数年間は快適なまま使い続けられるパソコンを作ることができるのです。...

    • パソコンを使っていて、動作速度に満足できず、もっと速いパソコンが欲しいと考えている人もいるはずです。パソコンの性能は、ほぼCPUの性能が決まるといっても過言ではありません。...