Windowsパソコン使用期限について

  • パソコンを掃除する方法

    • パソコンの周辺は空気の流れが悪く、埃が溜まってしまいがちです。パソコンを起動していると、ファンが回り続けているために埃を吸い込んでしまい、その埃がパソコン内部に溜まっていきます。そのままにしておくと、パーツに埃が蓄積して熱を持ってしまい、さらには熱を冷却するためのファンにも埃が付着して冷却効率が悪くなってしまいます。


      そうならないためにも、定期的に掃除をすることが重要です。

      まずは、ケースに付属している防塵フィルタを掃除します。
      これは掃除機の毛先ノズルを使って綺麗にすることが出来ます。


      しかし、毛先ノズルを使うのは防塵フィルタだけにしましょう。


      なぜなら、毛先には静電気が発生してしまうため、電子部品に使用すると静電気の影響で故障してしまう可能性があるからです。

      ファンに溜まった埃はエアダスターで吹き飛ばします。

      パーツに蓄積している埃は、乾いた布で丁寧に拭き取りましょう。
      液晶ディスプレイの汚れは、専用のウェットクリーナーを使用しないと拭き取り跡が残ってしまいます。

      特に、アルコールを含んだクリーナーは表面のコーティングを溶かしてしまうため使用してはいけません。
      キーボードも掃除できます。


      まずはキーの配列を写真に撮ってからキートップを外します。

      ピンセットなどで外すことも出来ますが、専用のキーリムーバーを使うと傷つけることなく簡単に取り外すことが出来ます。

      そして、キーボード本体に入り込んだ髪の毛や埃などを拭き取ります。


      パソコンは知らないうちに汚れていくものです。こまめに掃除することを心がけましょう。

      何気なく使っているパソコンですが、マザーボードやCPUなどの複数のパーツがケースに収められてパソコンとしての体を成しています。
      実は、ケースはパーツを収めるだけではなくパソコン全てに関わる影響力が非常に大きいのです。


      特にCPUやビデオカードといった発熱の大きいパーツの冷却に深く関係しており、ケース内に発生している熱を上手く排出することが出来なければ冷却効果が薄れてしまいます。

      また、静音性を求めるのであれば、HDDなどの駆動部から発生する振動が伝わりにくい設計になっているかといった部分や、重量で共振を抑えるスチールを使用しているかといったケースそのものの材質にも注目しなければなりません。

      ケース内部の設計によって、冷却能力が大きく変わります。
      基本的に外部の空気を前面の吸気ファンで取り込み、その空気でケース内部を冷却して背面の排気ファンで排出するというエアフローになっていますが、ファンの位置や数によってエアフローが機能しているか決まります。

      さらに、最近ではファンのサイズが大型化しており、大きい物ほど風量が得られるため効率的に冷却しやすくなっています。

      他にも、光学ドライブやHDDを搭載するベイの数や、頻繁に使用するUSB端子やヘッドホン端子が前面に配置されているかなども、ケースの善し悪しを決めるポイントになります。
      パソコンを快適に使えるかどうかは、ケースによって決まっていると言っても過言ではないのです。

      フラットアンテナが最近こちらで話題になりました。









      https://allabout.co.jp/gm/gc/1500/

      https://allabout.co.jp/gm/gc/458694/

      http://girlschannel.net/topics/116010/

  • 関連リンク

    • パソコンは性能の進歩が非常に早く、1年も経てば旧型になってしまいます。しかし、搭載するパーツを自由に選べる自作パソコンなら、組み立てたときから数年間は快適なまま使い続けられるパソコンを作ることができるのです。...

    • パソコンを使っていて、動作速度に満足できず、もっと速いパソコンが欲しいと考えている人もいるはずです。パソコンの性能は、ほぼCPUの性能が決まるといっても過言ではありません。...