Windowsパソコン使用期限について

  • パソコン周辺機器の掃除

    • パソコンには本体のほかにも液晶ディスプレイやマウス、キーボードなど周辺機器が多くあります。


      タマにしか使わないものでも定期的な掃除をしていないと故障の原因となります。


      液晶ディスプレイの掃除では専用のクリーナーを使うのが鉄則ですが、ない場合は中性洗剤を利用しても良いようです。
      ただし、画面はとてもデリケートなので押し付けたり、引っ掻いたりしないように注意が必要です。外縁部については普通に拭いてかまいません。
      また、防護フィルムなどを張っている場合には押し付けすぎると空気がはいったりと問題となることもあります。

      マウスの掃除については光学式やレーザー式の場合も含めてレンズ部分には絶対に触れないようにします。
      また、電池を予め抜くか、電源を切って掃除するようにします。滑りが悪い場合にはたいてい底部が汚れていることが多いので定期てな掃除が必須です。パソコン本体の掃除はよくしてもパソコン周辺機器にはあまり注意がいかないことが多いので日付を決めるなど定期的に行うようにしたいものです。

      キーボードについては材質が許せば薄めのエタノールが汚れ落としに効果があります。

      特に指先からの油分によってキーボードが汚れてしまう場合には効果がとても高いです。ただし、キーボードの材質によっては中性洗剤以外は使えない場合も多いので注意が必要です。また、水分を出来る限り少なくして掃除しないと接触不良などの原因となりますので注意が必要です家電量販店やメーカーのオンラインショップなどで、様々なタイプのパソコンが購入出来ます。
      パソコンを購入する際には目的を考えておく事が大切です。

      ノートタイプやデスクトップタイプやタブレットタイプといった物があり、それぞれ重さやサイズや性能が違います。

      ノートタイプやデスクトップタイプのパソコンは、高性能なパーツが採用されている事が多く、PCショップやメーカーのオンラインショップで各パーツを選択して、カスタマイズされたPCを注文するという事が可能になっています。動画編集が主な利用用途である場合には、高速なプロセッサとグラフィックボードと大容量のメモリが必要になってきます。

      高速なプロセッサとしては、4コア以上でIPCが高く、高クロックのクロック周波数と動画エンコード処理に有効な命令を持っている物を選択する事が大切です。デスクトップマシンの場合、マザーボードで採用されているソケットとBIOSが対応していれば、ハイエンドのプロセッサを選択する事が可能になります。

      大容量メモリは、動画編集を行う際に専用のソフトウェアを使っていきますが、編集作業においてメモリをたくさん使う為に必要となってきます。自作機やBTOで購入したデスクトップマシンであれば、後からグラフィックボードやプロセッサなどの交換が可能ですので、重い処理を行うのであれば、ノートパソコンよりもデスクトップパソコンの方が良いでしょう。

      様々な用途に合わせて、パーツを増設すれば、高性能なマシンを仕立てる事が出来ます。



      盤改造の情報をご案内しているサイトです。

      U-モバイルの評判の情報が沢山詰まったサイトです。

      お勧めのコントロールセンタを情報をお探しの方はこちらのサイトがおすすめです。



      http://tsutaya.tsite.jp/item/book/PTA0000H798N?sc_int=tsutaya_search_image_201610

      http://www.sankei-digital.co.jp/news/syohizei.html

      http://okwave.jp/searchkeyword/%E3%83%91%E3%82%BD%E3%82%B3%E3%83%B3/

  • 関連リンク

    • パソコンは性能の進歩が非常に早く、1年も経てば旧型になってしまいます。しかし、搭載するパーツを自由に選べる自作パソコンなら、組み立てたときから数年間は快適なまま使い続けられるパソコンを作ることができるのです。...

    • パソコンを使っていて、動作速度に満足できず、もっと速いパソコンが欲しいと考えている人もいるはずです。パソコンの性能は、ほぼCPUの性能が決まるといっても過言ではありません。...