Windowsパソコン使用期限について

  • パソコンの裏ワザ、オーバークロック

    • パソコンを使っていて、動作速度に満足できず、もっと速いパソコンが欲しいと考えている人もいるはずです。
      パソコンの性能は、ほぼCPUの性能が決まるといっても過言ではありません。

      そのCPUの性能は、動作クロックがどれだけ高いかで判断できます。

      最近のCPUは複数のコアを内蔵したマルチコアCPUが一般的ですが、コア数が同じであれば、動作クロックが高いほど性能も高いと言えるのです。パソコンの性能を向上させたいときは、CPUを交換するのが一般的です。

      しかし、CPUは安い買い物ではなく、コスト的な問題もつきまといます。そんなときに、コストをかけずに性能を向上させる裏ワザがあります。

      それがCPUのオーバークロックです。


      オーバークロックとは、CPUの動作クロックを定格以上に上げてしまうことです。

      一昔前までは専門的な知識が必要でしたが、現在では「パソコンに少し詳しい」という程度の知識があれば、ソフトウェアの簡単な設定だけでオーバークロックが出来てしまいます。

      オーバークロックさせたCPUは、発熱量も増えてしまうため冷却能力を上げることも必要です。ファンの数を増やしたり、高性能なCPUクーラーに交換するといった措置が重要です。


      しかし、オーバークロックはCPUがもともと想定している動作を超えるものであるため、どれだけの対策を施しても故障のリスクは無くなりません。

      いざというときのみ使用できる、まさに裏ワザなのです。

      パソコン作業を快適に行うにはメモリの容量が重要です。


      メモリの性能を決める要素は容量の他にも動作クロックや動作電圧、レイテンシーがありますが、容量に比べるとそれほど影響はありません。
      しかし、パソコンに搭載するメモリの容量は多すぎても意味が無いのです。メモリの使用量はパソコンで実行するアプリケーションによって変わります。


      処理が増えれば増えるほどメモリの使用量も大きくなりますが、一般的な表計算ソフトや文書作成ソフト、さらにはインターネットをするときに使うWebブラウザやメールソフトといったアプリケーションではメモリの使用量は多くありません。

      アプリケーションの動作速度を計測してみると、メモリの搭載量が16GBでも8GBでもほとんど差が無いのです。
      しかし、メモリを多く使用するアプリケーションもあります。デジタルカメラやスキャナーから取り込んだ画像データの編集を行うフォトレタッチソフトや撮影した映像の編集を行うビデオオーサリングソフト、さらには2Dや3Dのモデリングやアニメーションを作成するグラフィックスソフトが該当します。

      こういったアプリケーションはメモリを大量に使用し、パソコンに搭載できる限界量でも足りないことが少なくありませんが、逆に考えると、こういったアプリケーションを使用しなければメモリは8GB程度で十分なのです。
      メモリは安い買い物ではありません。適切な容量を搭載するようにしましょう。

      フラットアンテナ情報をお伝えします。



      iPhone8の機種変更を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。







      http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8788582.html

      http://matome.naver.jp/odai/2139320039584305601

  • 関連リンク

    • パソコンは性能の進歩が非常に早く、1年も経てば旧型になってしまいます。しかし、搭載するパーツを自由に選べる自作パソコンなら、組み立てたときから数年間は快適なまま使い続けられるパソコンを作ることができるのです。...

    • パソコンを使っていて、動作速度に満足できず、もっと速いパソコンが欲しいと考えている人もいるはずです。パソコンの性能は、ほぼCPUの性能が決まるといっても過言ではありません。...